結婚をして引越しをするときに必要な手続き

結婚をして引越しをするときに必要な手続き

20〜30代というのは結婚を考える年齢になり、結婚をする方は多いです。その結婚をするといろいろな手続きをしますが、結婚をして引越しをするときでも手続きをしなければいけません。

 

引越しをするときには住所変更の申請をしなければいけませんが、同じ市町村へ引越しをするか、ほかの市町村へ引越しをするのかということで手続きをすることが変わってきます。

 

同じ市町村へ引越しをする場合には、引越しをする2週間前までにハンコや健康保険証などを用意して役所に出向き、転居届を提出する必要があります。

 

転居届を提出すると、転出証明書という書類を発行してくれます。この転出証明書は新しい家に入るときに使う書類なので、なくさずに大切に保管しておいてください。

 

ほかの市町村へ引越しをする場合には、引越しをする2週間前までにハンコや健康健康証などを用意して役所に出向き、転出届を提出する必要があります。

 

また、ほかの市町村へ引越しをする場合ですが、引越しが終わってから2週間以内には転出証明書などの書類を用意して、転入届を出す必要があります。

 

転居届・転出届・転入届は住んでいる住所にある役所に出向いて手続きをすることになりますが、役所ごとで用意するものが異なるので、確認してから出向くようにしたほうがいいでしょう。

 

住所変更の申請を終えた後には、運転免許証、金融機関などにも住所変更をした旨を伝えて手続きをしなければいけません。

 

電気・水道・ガスについては、引越しをする前には、停止・新しい家に引越しをする予定日・開栓をしてもらう日の3つを伝えておきましょう。この手続きをしておくことで、ハガキが郵送されてくるのでそこに必要事項を記入して郵送すれば完了です。