扁桃腺からの熱について

扁桃腺からの熱について

扁桃腺というのは喉にある部位のことです。この扁桃腺は病原体などが喉から体内に侵入してくるのを防いでくれる働きを持っていることで知られています。扁桃腺の炎症が起きるというのは、その生体防御機構が活性化している証拠でもあるのです。扁桃腺は侵入してきたウイルスや菌に対して、抗体を作って病気の原因となるウイルスたちと戦っているのです。

 

そうしたときに扁桃腺から熱がでることがあります。その熱は微熱ですむこともあれば人によっては40度近い高熱になることがあります。熱がひくまでは二日から三日ほどかかるのが一般的でしょうか。

 

そうした扁桃腺に熱がでた場合の治療につかわれるのは抗生物質になっています。抗生物質というのは抗菌性のある医薬品のことで、有名なものだとペニシリンなどがそうです。ウイルスや細菌による感染症の治療にしばしば使われることがあるので覚えておくといいでしょう。

 

抗生物質を服用することで、菌やウイルスの増殖が抑制されて熱が下がっていきます。あとは栄養をしっかりと補給し、安静にしていれば、ほとんどの場合で体調は徐々に回復していくでしょう。なお、発熱したときにはすぐに冷やさないといけないと考える方も多いかもしれません。

 

が、単に冷やしてしまえば良いというものではないのです。というのも熱がでるのは免疫機能がきちんと働いてくれている証拠なのです。体内に侵入してきた病原菌などを熱で退治しようということもあるので、慌てて冷やす必要はありません。そうすると、かえって回復するまでに時間がかかってしまうことがあります。

 

ですので、ある程度の熱がでるまでは薬を飲むのを待つようにするといいでしょう。ただし、あまりにも高い熱があるときには冷やすことも考えておくべきです。脇の下や首、またの付け根あたりの動脈に近い場所に氷などをあてることで熱が次第にひいていきます。

 

熱があって、扁桃腺も腫れているといったときに身体が冷えすぎてしまうと、咳がでて症状が悪化することがあります。ですので、身体を冷やすのは様子をみながら行うといいでしょう。扁桃腺の熱がなかなか下がらないようであれば、速やかに医師の診察をうけさることを考えましょう。

 

風邪であればいいのですが、インフルエンザや他の病気である可能性もでてきます。高熱がでていると身体を動かすのも辛いかもしれませんが、しっかりと診察してもらっておきましょう。