授乳期の花粉症の薬は大丈夫?

授乳期の花粉症の薬は大丈夫?

授乳中には多くの薬が制限されますが、アレルギーなどから生じる花粉症は授乳中だからと収まってくれるわけではありません。こういう場合、薬を飲んでも大丈夫なのでしょうか。判断の基準は明確ではないようですが、病院では授乳中と伝えると内服薬はもらえません

 

母乳への影響を心配する人もいますが、100%大丈夫とは言いきれないようです。限りなく影響が出る可能性は低いそうですが、ほとんどの場合はそういった解答になります。市販薬ではほぼ確実に「授乳中の方は使用を控えて下さい。もしくは服用する場合授乳をやめて下さい」という内容が書かれています。

 

もしも鼻炎や花粉症が辛いという場合には、おっぱいをあげることを辞めるか、薬を諦めるかのどちらかの選択をすることになります。内服薬がダメなら、外用薬はどうかとなるわけですが、基本的に外用薬は体内に入る量はわずかで、そしてそこから母乳に影響するのもわずかなので問題ありません。花粉症用の目薬や点鼻薬については問題なく処方されます。

 

デメリットは内服薬よりも持続時間が短く、まめなケアが必要なのと、効果が出にくい体質の人も多いことです。授乳によってアレルギー体質や花粉症が赤ちゃんに移るということはなさそうですから、そういった状態だとしても普通に授乳をしても構いません。ただ、薬の服用は重大なリスクをもたらす可能性があるので控えるべき、と覚えておくと良いでしょう。ストレスがたまる時期ですが、頑張って乗り切りましょう。

 

こちらは安心!授乳中にDHAを摂るべきメリットは?おすすめのDHAサプリはこれ