コレステロールを下げるサプリなら!ドロドロ→サラサラ血液に!

コレステロールサプリランキング

気付かぬうちに溜まってしまうコレステロールは、脂質異常症やメタボ、動脈硬化などの原因となる脂質です。健康診断をしなければわからなくても、過剰に溜まれば健康を害する可能性があるコレステロールは、日々の生活習慣によって蓄積される物質。

 

とはいえ、食事や運動で調整するのは難しいという方は、コレステロールの調整を助けてくれる健康食品を活用してみてはいかがでしょうか。ここでは、人気のある高コレステロール軽減サポート食品をランキング形式で紹介します。

 

きなりの特徴

ドロドロ対策で注目される4大成分が入ったサプリメントが、きなりです。DHA&EPA500mg、ナットウキナーゼ、クリルオイルと食事では毎日とりにくいサラサラ成分尽くしな上に飲みやすいとあって、モンドセレクション最高金賞も受賞しています。魚食不足でコレステロール値に悩む多くの方にリピートされているのも、納得です。約1ヶ月分が通常5,695円のところ、毎月お届けコースなら初回1,980円になります。

価格 1980円
評価 評価5
備考 DHA&EPAが500mg

 

オリーブジュースカプセルの特徴

ユネスコの世界無形文化遺産にも登録された地中海式ダイエットは、オリーブオイルを毎日食べることでコレステロール起因の疾患を予防改善するものです。オリーブオイルにはオレイン酸やビタミンE、ヒドロキシチロソールなど、ドロドロ対策に不可欠な成分が多量に含まれています。そんなオリーブオイルをフレッシュなままにカプセルに閉じ込めたのが、オリーブジュースカプセルです。約1ヶ月分が通常4,800円のところ、定期コースは初回1,000円で購入できます。

価格 1,800円
評価 評価4
備考 3つの抗酸化成分が豊富

 

ハイ!調整豆乳の特徴

日本初のトクホ(特定保健用食品)の豆乳として、高コレステロール値に悩んでいる人に注目されているのが、ハイ!調整豆乳です。4週間飲み続けた結果、悪玉コレステロール値が下がったデータも出ていることから、トクホとして承認されました。良質な大豆タンパクや食物繊維、イソフラボン含有のハイ!調整豆乳は、過剰な悪玉コレステロール環境を改善するのにピッタリ!30本入りが通常4,860円のところ、初回は20%オフの3,888円に、定期コースなら初回2,430円になります。

価格 2,430円
評価 評価3
備考 特定保健用食品として承認の豆乳

 

肝機能を高めることでコレステロールを下げる

 

体内で生成されるものの内、肝臓で作られるコレステロールの割合は6〜7割と言われています。また、その他に体内で生成されたものを合わせると7〜8割ほどになり、残りは食品から摂取しています。つまり、コレステロールの量と肝臓の機能には密接な関係にあるということです。

 

「体内の貯蔵庫、肝臓」
人の身体の中で肝臓は最も重要な臓器です。肝臓には他の臓器には無い特殊な血液循環系があります。酸素を運ぶ肝動脈と栄養素を運ぶ門脈の2つの血管系です。肝臓は、この血管系から入ってくる酸素や栄養素を利用することにより、排泄や代謝、解毒など、人が健康であるためには欠かせない働きに取り組んでいるのです。

 

また、肝臓には腸で吸収されたあらゆる栄養素が貯蔵されます。これが肝臓は体内の貯蔵庫と呼ばれる所以です。さらに、肝臓には約2000種以上の酵素があるとされており、これによって、たんぱく質代謝、脂質代謝、解毒機能といった機能を展開しています。

 

「肝臓の主な働き脂質代謝」
脂質は、胆汁と膵臓で分泌される酵素で分解された後、小腸で吸収されます。その後、再び中性脂肪に合成されると、今度は大循環系に乗せられ肝臓に運ばれます。

 

肝臓では脂肪酸の合成と分解が成され、またコレステロールやリン脂質に合成されます。このように、脂質がいくつかの合成を繰り返し行われることで血中のコレステロールや中性脂肪が正常値に保たれ循環している状態のことを脂質代謝と言います。

 

「肝機能を高めるには」
では、肝機能を高めるにはどうしたらいいのでしょうか。いくつか紹介していくので参考にしてみてください。

 

@過食、偏食をやめ、油ものも避ける。
A野菜や果物、きのこ類などをたくさん摂る
B大豆製品をたくさん摂る
C牡蠣、アサリ、しじみ、イカといった、タウリンが豊富なものを食べる
Dお酒の過剰摂取をやめる

 

この他にも、睡眠不足や夜更かし、またストレスを溜めこまない、といったことを意識することが大切です。肝臓は起きている時間の長さだけ活動しますし、睡眠不足による自律神経の乱れは腎臓に負担をかけます。また、精神的なストレスは、肝臓や臓器を動かすための神経である交感神経を緊張させます。これによって、肝臓の働きに鈍りが出てしまう恐れがあるのです。適度な運動などを行い、ストレスの発散を心がけましょう。

 

豆乳でコレステロールを下げる

 

コレステロールが高いと動脈硬化を始めとし重い病気にかかる可能性が高まります。そのため対策を講じたいところなのですが、実はその内のひとつに豆乳が挙げられます。豆乳にはコレステロールを下げる作用があるようなのです。では、実際のところ、どれだけの量を飲むのが良いのでしょうか。

 

「商品や人によって効果は変わる」
服用期間や、飲むべき量は人によって変わります。例えば、特定保健用食品のトクホの豆乳を使用したとしても、すぐに効果が出るわけではなく、長い期間をかけてこそ、効果は期待できます。また、体質によってどの程度の期間を要するかは異なりますが、飲み続けたことで確かに効果を得られたという方もいます。

 

食生活が大きく乱れていると豆乳の効果を妨げてしまうようです。もしもずっと飲んでいるのに効果が出ないという方がいたら、食生活の改善から始めてみてはいかがでしょうか。また、食生活を改善した後も、最低3ヶ月は服用を続ける必要があると言われていますので、根気よく続けることが大切になります。

 

「食生活を見直そう」
豆乳以外にもコレステロールを下げる働きを持つ食べ物はあります。例えば、青魚です。サンマ・イワシ・アジ・マグロ・ブリなどに含まれているDHAやEPAに、コレステロールを下げる効果があります。食物繊維もおすすめで、こちらはその吸収率を下げてくれます。

 

他にも、お酢にはコレステロールを抑制する働きがあります。このように豆乳以外にも活用できる食材はたくさんありますので、是非活用してみましょう。一方で、コレステロールを上げてしまう食べ物もあります。

 

食事のメニューを考える際には、その点にも注意を払ってみてください。コレステロールの量が過剰になることで起こる動脈硬化には自覚症状がほとんど無いため、現時点で頻度高く口にしてしまっている可能性もあります。今一度、食事の内容を見直してみてはいかがでしょうか。

 

豆乳にはコレステロールを下げる作用が確かに含まれていますが、その効果の現れやすさというのは人それぞれで異なってきます。豆乳をひとつのオススメ品として紹介しましたが、他に効果が期待できる食材を利用することも大切になります。

 

バナナで記憶力アップ

 

バナナは非常に多くの栄養素が含まれているフルーツであり、最近はダイエットメニューや時短メニューとして朝食に大人気となっています。また、糖分やミネラル、ビタミンをバランスよく含んでいることから、スポーツ中の栄養補給にも効果的として知られていますよね。

 

こうしたバナナが実は脳にも良いという情報があったりします。テレビでも報道されたことのある内容ですから、知っている人もいるかもしれません。

 

ただ、バナナによって脳が作られたり記憶力が良くなる、というよりは、脳の持っている能力を引き出すといった効果のようです。ですから、その人の能力以上のものは出ませんのであまり期待しすぎないでくださいね。いまひとつ集中力が出なかったりやる気が出ないという場合に有効なのではないかと思います。

 

ある実験で、バナナの摂取前後で、バナナを摂らないグループとの脳の働きを比較したところ、差が歴然と現れていて、食べた後の脳が活発に働いていました。

 

これは、脳のエネルギーになる糖質がバナナに十分に含まれるだけでなく、脳に糖分を至らせるために必要なビタミンB6,ビタミンB1、カリウムなどの栄養素がそろっているため、脳に効率よくエネルギーを伝えられる食品であることが理由なのだそうです。

 

また、バナナの糖分は消化や分解が早いために、脳が力を受けるための所要時間が比較的短いこともひとつの理由だと考えられています。早ければ食後15〜30分くらいから効果が出始めるそうですよ。こうした記憶力 サプリやバナナ、勝負どころでは一本持っておいて、必要なときに食べると良いかもしれませんね。

更新履歴